グラントシロカブト
Dynastes granti
3735E870-547E-4992-981E-3565A7A6217D
産地:アメリカ合衆国 アリゾナ州
累代:大型美形(以下SB) CBF1、スーパーホワイト(以下SW) CBF1、
レッドアイ(以下RR) CBF4
入手:大型美形♂♀♀♀1万円弱?
スーパーホワイトペア6000円前後?
レッドアイ RR♂♀ペア+BR♀×5
で43000円くらい。



まず一丁前に語らせて頂きます。
このグラントシロカブトを始めて知ったのは、4歳の頃。
初期ムシキングでは強さが最低ランクの100、そして超必殺技がヤマトカブトと同じ、スーパートルネードスローでした。
強さが低い分、技が強いのがムシキングなのですが、当然幼稚園児は「強さこそ強さ」なわけで。

(雑魚虫としか思っていませんでした。)

しかし!私がアダーコレクションのサタンを使っていた頃、とてつもなく強い女の子が使っていたのがグラントシロカブト。
ここで、弱い虫を使いこなせる事のかっこよさがようやく分かった気がしたりしなかったり。


そして現在日本で飼育出来る6種のシロカブトの中で、唯一「白」を名乗る資格があるのが本種。

他にヒルス、ミヤシタ、モロン、ティティウス、マヤといますが、みんな黄ばんでいたり黒かったりします。

そして、やたら休眠期間があったり、やたら卵の期間が長かったりと、シロカブトは中々クセ強めです。

FullSizeRender
最初に飼育したのは高校1年ですね。
73mmの黒点少なめペアが6000円にて、山陽オオクワ倶楽部にて購入した記憶があります。
すごい数産みましたが、卵でダメにしてしまった気がします。

その後も高2、高3と買い足し、そいつらが2018年7月頃に羽化して、また本格的に始めるか、という流れになっております。


2018年9月1日 開始。
C04AF743-2A83-49AE-98F6-1103BC2A04AC
胸角がピーンと伸びた大型ライン77mm♂。
♀も50mm台後半と、小さいヘラクレスくらいあります。
このラインでは87mmまで出ているそうです。
52D64773-D7FE-4736-90A9-32FCF5B4FB75
黒点がかなり少ない美白67mm♂。
ダイナステス赤羽様より購入させて頂きました。
3BC0C484-9C09-4F98-87A0-BAA06D791E1C
RR♂。30mm台。
ペアリング成功(性交)すんのかなこれ…。

結果。


B58431BB-BB15-4C55-884D-13436963F0A7
どりゃあ…あ…。
30分くらい乗せ直しを繰り返し、ようやくSEIKOでした。
カブトムシは大抵♂が♀の小楯板の辺りをフンフン嗅いでinなのですが、この♂は小さすぎて中々上手くいかなかったです。
ちなみに♀はRRです。
♂は同ラインの3♀とペアリングし、力尽きました。

45A5F50B-758B-4F41-8F6E-14793551AD23
RR♂と大型♀の比較。
このツイートが始めて100いいねをこえて、嬉しかったです。笑
「♂、泣いて目が充血してますよ」というコメントが中々。

レッドアイ美形美白90mmを企んでた訳なんですが。
卵は全部腐りました。泣。
交尾器が奥までささらなかったからかも知れません。
出品者はそれを狙い、ペアリングさせられなくさせる作戦だったのかも知れません。
哀。
その他は、
・大型美形インライン
・美白インライン
・♂美白×♀大型アウトライン

で掛けまして、
2019年2月現在、孵化ラッシュがきております。

うちでは大体産卵から3ヵ月までに孵化することが多い気がします。

羽化が楽しみですねニヤニヤ。