シロヘリミドリツノカナブン
Dicronorhina derbyana ssp.

産地:タンザニア
累代:濃ブルーインラインCBF2
アウトラインCBF1
烈風シロヘリさんラインCBF
入手:ヤフオクにて濃ブルー♂♀♀8000円前後
烈風シロヘリ♂♀♀ 6000円

2018年4月28日 到着確認
こりゃゴールデンウィークの初日ですね。
(この頃は訓練が超ハードで今より5キロくらい痩せて腹筋がバッキバキの体力検定1きゅ)
FullSizeRender
濃いブルーの♂。
こちらは♂♀♀で購入しましたが、即決したらおまけで♂♂♀つけてくれるという太っ腹な出品者様でした。その中の♂が1頭死着したのでこのラインは♂♂♀♀♀です。
CB62F943-D1AF-4CA3-B04B-42C0A2EF07F6
色虫はもっと色がわかりやすい撮り方しろよ!
と言ってやりたいですが、これしか残っていませんでした。哀。

6271E0F3-4799-4423-8D12-9AA3CE919877
43DDB753-79B6-42B9-BA01-7FA6D666E8A9
↑同一♂。
伝わりにくいですが、紺に近い青です。
パプキンみたいな黄緑の強い青には
FullSizeRender
水色に近いタイプの♂。

♂♀♀のセットを3つ作りました。
ラインは、
・濃青インライン
・烈風シロヘリさんインライン
・烈風シロヘリさんアウトライン
・濃青×烈風 アウトライン

です。
途中1♂が死亡したので、一部割り出す度に♂を行ったり来たりさせながらの産卵でした。

産卵セットは、おそらく乾燥気味のカブトマットに廃マットの粗粒子を混ぜたものだと思います。

A13444AA-DF72-42B7-9301-701188987C1E
C4C3A4DA-B6D5-4505-BD8D-17802ABAB910
88924704-45E9-412C-9570-D32AC9004DAD


2019年2月現在では、全部で300匹ほど幼虫が取れ、全てのラインの幼虫が繭玉を作り始めています。
ゴールデンウィークには羽化ラッシュが拝めると思います。