スパサタテヅノカブト
Golofa spasa
産地:ペルー ワヌコ市Dos Aguas
累代:WF1
入手:ヤフオクにて8000円+送料
FullSizeRender
最近ゴロファが高騰していますね。
その影響ではありませんが、年明けからちょっとずつゴロファにも手を出している次第です。

2019年2月13日 到着確認
凄いタイミングでインフルになった事もあり、1ヶ月振りの虫メンテとなったわけです。

FullSizeRender
いかつっ。
手で掴まりなさいよ、手で。
FullSizeRender
頭角が高く伸びているので、真上から見たらどうかと思ったら、案の定ピンボケ。
FullSizeRender
大きめオデキ。


5E3AAD82-0BA7-44BC-9B4E-3B3A03EFA9E2
♀。
ゴロファ種は♀がみんな黒く似通っていて、野外の♀の同定が難しいと言われますね。

ベネズエラ産の♀の同定が出来ないので「ゴロファsp.」とし、給料全部使って4血統ブリードしてみると、何と何とヘンリーピティエルタテヅノカブトが羽化したんですよ、と、浅草のショップのおにいさんが話してくれました。

無実の罪で捕まりかけた店長さん。
「ベネズエラ便は現地の治安が悪く、死ぬ覚悟がないと採取に行かせられない」とのことで、今後のベネズエラ便入荷は絶望的かも知れません。

ショップの最大の魅力は、店員さんの生々しい話を聞ける事だと個人的には思っています。

F6A8B138-2BD8-44D8-84E2-A7C7A296F399
(酷い写真ですみません。
夜急いで撮影するのはよろしくない。)

発送時に入っていた床材なのですが、「いや、さきイカやん」と思って匂いを嗅ぐと、匂いまで完全にさきイカで、もう一度匂いを嗅いだのはどうでもいい話です。

835029BA-6ABF-49B3-BDB0-EEFAF44AF661
「小型カブトの♀を単体で木に止まらせて撮ると、貴重種に見える」のは個人的あるあるですが、やっぱり暗い中撮影するのはダメですね。台無しっす。

529BB966-9209-4417-905B-07F0FD3DF772
産地はペルーのワヌコ市。
FullSizeRender
臨海の方なんですね。
ワヌコといえばティンゴマリアの、インカツノコガネや、ヨツボシヒナカブトもいますね。

22歳までに1回行っときたいですね。